All archives    Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます(多謝) 拍手する
ついったー
Twitterフォローしてください
Twitterブログパーツ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'01.18 (Wed)

疾走鑑賞のため、原チャで疾走(ベタ)

日記でウダウダ言ってたように、日曜に「疾走」を観てまいりました。午前中の回に間に合わなかったので、夕方の回に。
原チャでプラーッと40分。思ってたより遠かった
しかも往復とも道を間違え右往左往。自分が極度の方向音痴なことを、忘れておりましたぞ。

以下、そんな感じで見てきた映画の感想です。というか、テゴたんの感想か。本当は月曜にアップする予定だったのに今頃ですが。
内容は詳しくは書いてないですが、軽いネタバレにはなってるので、ほんのちょっとでも内容知りたくない方はスルーしてください。





物語は、主人公”シュウジ”の小学校低学年頃の回想シーンから始まるため、画面には別の子役ちゃんが出るんですが、バックでしゃべってる自分語りのようなナレーションがテゴちの声で。最初からちょいテゴ萌を味わえますのです。テゴたんは声もかわういのぅ。<溺愛

途中から子役に代わりテゴたんが出てくるんですが、まだ小学生という設定Σ(゚Д゚) 高3の子が小学生役ってどうなの! それが違和感ないってどうなの! 変な髪形だけど可愛いってどうなのよー! 驚くわ、もう。

中学生になってからも、学ランの違和感も全くなし。しかも、少し前に撮ってるから今よりまだ幼くて、初々しいったらありゃしない。若い子って成長早いな。 『まあ、大きくなってぇねぇ~』という言葉を投げかける親戚のおばちゃんたちの気持ち、今ならわかるよ_| ̄|○


その後の話の流れは、テゴたん演じる”シュウジ”の兄が精神的におかしくなっちゃって、放火魔になって捕まって、家族が崩壊して、シュウジ自体も落ちていく~っていう展開なんですが(簡単やな)、最初から最後まで、小説が割と忠実に再現されていて面白かったです。あの「模倣犯」とは違って。<失礼
小説は2年前に読んでたんで、内容の細かい部分は忘れてたんですが、映画を見て細部まで思い出しましたよ。ああ、こんな話だったなぁ~と。
途中、シュウジが犬の遠吠えのように吼えるシーンは、シリアスな場面にもかかわらず、劇場内が一瞬おかしな雰囲気になりまして
映画感想書いてるサイトさんやブログをめぐっても、この場面は変っていう感想が多かったんですが…へ、変だった??
単調な吼え声が逆にもの哀しい演出になって、私は笑えるシーンだとは思わなかったんだけどな~うーん。変に感情はいっていない抑揚のなさが、あとは落ちるだけの人生が、垣間見えた一瞬をうまく表現してんじゃないかと。”テゴ”と思ってみると、面白くなっちゃうのかしらね。いや、ただ単調に吠えてること自体が、おかしかったのか。
正直、演技はまだまだ、と思いましたけど、初出演・初主演の映画で、あれだけできりゃ上等上等。ファンの欲目といわれようとも変にアイドル性を前面に押し出した映画より、ずっといいし。
テゴたんは、ほんとに目に力があるなぁ~と、映画をみてしみじみ思いましたよ。目の輝きがね、どん底な話に合ってた。透き通ってるのに暗い、底が見えない海みたいな目が。<褒めてます
SABU監督が惚れちゃったのもわかるわ。私もあの目にやられたからね!ある意味、監督と私は同士ですか(笑)。

テゴたんが出てるから見に行ったけど、映画の内容そのものも面白かったので、2時間楽しめました。ストーリーは知ってるからどうかなーと思いましたけど、ちゃんとスリリングでしたよ。映像もきれいだったし。これなら、もう一回見てもいいかもね。痛いけど。


・・・と、抑えめの感想はこんな感じで。映画というより、テゴたん感想みたいになっちゃってますが。

以下は、斜めから鑑賞した感想です。明らかにヲタ推奨。
普通のお嬢様方、テゴラブな方、きちんとした感想が読みたい方は、ぜひともスルー方向でお願いいたします。なむなむ。




【以下追記】
ありがとうございます(多謝) 拍手する
ついったー
Twitterフォローしてください
Twitterブログパーツ

01:04  |  NEWS main  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>ピヨ太姉さん!!

 映画感想あざぁーっす!!とっても面白そう・・・・な映画じゃないですか。んふふふ、テゴたん血まみれコースでソフトSMなんだ?マニア向けだけよね。アタシはオタとして楽しめそうです。DVD化されたら、ぜひ見てみたい。しかし救いのないラストは哀しいな。テゴたん、初主演でそんな重たい役をやり通すとは侮れない子ですね。凄いよ、テゴたんv-238
モモ | 2006年01月18日(水) 14:01 | URL | コメント編集

初めまして!

自分も疾走観たんですけどピヨ太さんの感想に激しく同感してなんか嬉しくなりましたッ?
原作も何年か前に読んでたんでどぅまとまるのか気になってたけど巧くまとまってて良かったですよね☆
てかテゴちゃんにはだいぶ萌え萌えてしまいました~目がッ?ヾ(´∀`*)ノ笑
これからも日記楽しみにしてます!でわ(´▽`)
塹折 | 2006年01月18日(水) 16:36 | URL | コメント編集

>モモちゃん
映画は意外といけました。多分ヲタならツッコミどころ満載だと思うよ(笑)。是非DVDで!って、出るのかな?出たら買うから貸すわ。ただ、自分は最初から斜め目線でしか見れてないから、これが一般の人にうけてるのかがわかんないけどね。素人っぽいし。<そこがいいんだけど
ラストは一応、救いっぽいものはあるのよ。そのまま死んじゃうけどe-263
テゴたんは、心を閉ざすような役がハマリ役ですわe-420


>塹折さん
はじめまして!書き込みありがとうございますe-419
感想に同感してくださったんですか!わ~嬉しいですe-266萌えすぎてどうしよう!でしたよね?(笑)小説のイメージも崩れてなくて、私は期待以上だと思いました。
よろしければ、またお立ち寄りくださいね~♪♪
ピヨ太 | 2006年01月19日(木) 00:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://piyoinu0405.blog4.fc2.com/tb.php/400-f09eb62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

レンタルカウンター ご縁カウンタFree!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。